2022-04

スポンサーリンク
一宮市

五代目晴レル屋 一宮店(一宮市)

まろやかでコクのあるスープで家系を感じ、飽きることなくゴクゴク飲める。 辛ネギはスープに溶かさず麺の間に挟んで食し、シャリシャリの歯ごたえを楽しむ。 半分ほど消化して「にんにくドバドバ」すると風味に風格が加わり気分が乗ってくる。
小牧市

テッパンズ ポニー(小牧市)

一見すると「ナポリタンスパゲティ」のように見えるが麺の縮れ具合は「焼きそば」そのものである。「ナポそば」ってところだろうか。 「焼きそば」をおかずにすることは全オイラが推奨するが、「ナポリタン」をおかずにするには若干の抵抗がある。 だが、こんな時でないと経験を積むことができない。喜んで食することとした。
一宮市

さくら寿司(一宮市)

カッパ→鉄火→にぎりのローテーションで食作業に入る。どれも瑞々しく美味しい。中トロは最後に取っておく。 茶碗蒸しは蟹とタコが入っていている。赤だしの“三つ葉”は寿司によく合うと思った。最後に中トロをいただきごちそうさまでした
岩倉市

まいどおおきに岩倉食堂(岩倉市)

「中華そば」はスガキヤと同じ360円。うまみ調味料がダイレクトに伝わる量産型の「中華そば」「こうゆうのでいいんだよ」系は結構好きだ。 「アジフライ」はレンジで温め直すことはしない、しっとりとしたフライの歯ざわりを楽しむ。
犬山市

「キリン亭」と「スガキヤ」(犬山市)

専門店の「とんかつ」と比較することは無駄である、ここではお得な「とんかつ」を満喫する。 ポン酢の酸味が「とんかつ」の脂と相反するが、むしろ調和されていると表現するのが正しい。 やたらと多い大根おろしも「とんかつ」に乗せて楽しむ。
一宮市

豚旨うま屋ラーメン一宮店(一宮市)

最初にネギを投下。ネギは歯ざわりを楽しむため沈めずに口にする分だけ麺に絡ませる。ズルズルっとすする・・・美味しい 麺を半分消化したころにニラ辛子の投入。ベースとなる豚骨が活かされうま屋ラーメンはレベルがアップする
岐阜県

一蘭 岐阜店(岐阜県岐阜市)

「きくらげ」は最初から投入し、ようやく“食”の開始。 こってりなスープに“脂”を存分に感じ、この味が「オスカラン」でどう変化するのか楽しみだ。
北名古屋市

カフェド・暖(北名古屋市)

少々乾燥気味の細麺は絡みついて食べづらいかも、そして卓上にソースが欲しかった でも、おかずとして不足はない
小牧市

辻商店(小牧市)

スープは濃厚だが繊細なコクがありゴクゴク飲める。 細めのストレート麺に絡んで奥行きの深さを感じる。 博多麺は苦手だった時期があるのだが麺が絡まりにくいのが全オイラから好感を得た。 これはズズッと豪快に食するのがいい。
北名古屋市

インドレストラン ブシャーン(北名古屋市)

アスパラガスがゴロゴロ入ったカレーはスパイスを身体で感じることができる。 「辛口」を選択したが「激辛」でよかったのかも。 モチモチのナンの甘味がカレーをより一層引き立てる。
スポンサーリンク