瑞祥居(ズイショウイ)(北名古屋市):豚肉とニンニクの芽炒め+塩ラーメン

北名古屋市

※11/9(水)のお昼ごはんです

今日は新規開拓はお休みして近所の“大陸系”でお昼ごはん
メニューを見ながら決めようと自宅を出る

11:10お店到着
枝道挟んで南側の広めの駐車場がありがたい

白ごはん食べたかったので「定食メニュー」を確認

メニューのラーメンが小さいが+150円ならお得だ
あとごはんも+50円で大盛りにしていただく
「塩ラーメン」とメインは「豚肉とニンニクの芽炒め」とした

お店に似つかない“タンバリン”
店員さんに用があるときはこれで呼ぶ
サンバ踊りながら出てきたら“お捻り”あげようと思う

「塩ラーメン+豚肉とニンニクの芽炒め」配膳
そこには明らかにメニューと異なるボリュームがあった

“大盛り”としたごはん
写真では分かりづらいが器は“丼”である
法律で全国の飲食店の“大盛り”の量を速やかに決めるべきだ
増税の検討なんかしている場合じゃない
あと“辛さ”の表示の統一も同様に願う

塩ラーメンもメニューを嬉しく裏切る
小盛でもない普通の“盛り”だ
だが、大味ではなく繊細で上品なスープ
もっと中華的なものを予想していたので意外だ
もちろん美味しくいただく

メインの「豚肉とニンニクの芽炒め」これも量多め
案の定プラ箸では集中しないと掴めない
頬張るとニンニクの香ばしさが口の中に充満する
やがて胃袋を充満し身体全体が香ばしくなる

今回も脇役に甘んじた「唐揚げ」
なぜかごはんがもっと欲しくなる不思議

途中でキムチがサービスされる
ありがたや

食後は“いいちこコップ“のアイスコーヒーでまったり

お店の地図

前回の瑞祥居

コメント