ラーメン 響流十方(一宮市):ニボシ味たまごラーメン+まかないチャーシュー丼

一宮市

※10/31(日)のお昼ごはんです

店名が見たことのない四文字熟語
自宅を出る前にググってみた
浄土真宗に伝わる“ありがたい”お言葉だった

11:15お店到着
お店を前にして厳かな気分となる

店内は宗教の雰囲気は一切無い
こじんまりとした普通のラーメン屋さん
カウンターの一番隅に着座

“おすすめ”とある「ニボシ味たまごラーメン」

それと「まかないチャーシュー丼」をオーダー

説法が始まるのかとドキドキしたのは内緒
卓上の調味料、使うとしたら胡椒
あと「水」と「レモン水」の水差しあり

「ニボシ味たまごラーメン」配膳
美しい、実に美しい“盛り”である
いったん引っ込めた「厳かな気分」を今一度引き出す

歯ごたえのありそうなメンマ
トロトロの味たまご
脂身が美味しそうなチャーシュー
糸唐辛子が彩りを添える

まずはスープを一口
生臭さの無い煮干しの香りでなごむ
ガツンとくるのだが嫌いな自己主張ではない
これは幸せになれるヤツだ

「まかないチャーシュー丼」がラーメンを引き立てる
重要なポジションであることを自覚しているようだ

スープを飲み進むと“魚粉”が沈殿
想像してたより多く沈殿
あっさりとした煮干しの風味が残っている
もちろん残さず飲んだ

そして厳かな気分でお店を後にする

お店の地図

お店のInstagram

コメント