担々麺のやひこ(一宮市)

一宮市

※5/13(金)の早めのお昼ごはんです

昼時間になりキリの良いところで出向く

開店時間の11:30お店到着

換気のためドアは開放中
敷居が低くなったようで入りやすい

入り口の券売機にて「極太麺担々麺」を押下
辛さゲージは唐辛子一本分の表示だ

席を確保し水とサービスのごはんを取り付ける

あらためてメニューを確認
極端でなければ辛さの調整が可能だが
辛くして顔面汗だらけの自分が容易に想像できる
なのでデフォの唐辛子一本分でガマンする

都度ゴマをすっているので店内にモーター音が響きわたる
ゴマの香りがあたりを漂う

「極太麺担々麺」の配膳
スープを見ただけで舌触りが脳裏に浮かぶ

“まずスープ”の儀式を行なう
舌触りといい、風味といい、ゴマだわ
いつもながら丁寧なお仕事に感謝する

極太麺は想像していたほどではなく
ノーマル麺の二倍ほどの広さで平たい
それでもこの麺のほうが合っていると思う

この場所はいろんなお店が入れ替わりしている
OPENしてもうすぐ3年のこのお店
どうか続けていただきますように

コメント