#稲沢市

スポンサーリンク
稲沢市

そば松(稲沢市):カレーラーメン

イントロで若かりし頃の思い出がよみがえる。 頭に流れる「いちご白書をもう一度」。 初めて食べるのに懐かしさあふれる不思議なラーメン。
稲沢市

パスタ・デ・ココ 稲沢国府宮店(一宮市):プレートランチC(オリジナルメニュー)

配膳された「プレートランチC」 これは“大人さまランチ”の様相。 赤ウィンナーがあれば完璧だ。
稲沢市

紅福酒家(稲沢市):麻婆豆腐麺(好々セット)

スープを一口飲む。期待値が高いところにあったのでさほど辛さを感じない。 辛いことには違いないがココイチの3辛レベル。あとで「自家製調味辣油」を足そう
稲沢市

スガキヤ 稲沢リーフウォーク店(稲沢市):特製ラーメン+五目サラダセット

麺の少々の“ダマ”は想定範囲内。 むしろ“ダマ”になっていないときは不安になる。
稲沢市

らあめん倶楽部れんげ(稲沢市):れんげらあめん+どて丼

予想通りの“ノス系”ラーメンスープ。少々酸味があるのはお店のアイデンティティなのだろう。 無化調なんてクソ喰らえ!の意気込みを強く感じる。全オイラが賛同するのでこのスタイルを貫いてほしい
稲沢市

グルメン(稲沢市):ベトコンラーメン+麻婆飯

マイルドなベトコンラーメンに魅了される
稲沢市

横浜家系ラーメン まくり家 稲沢店(稲沢市):味玉ラーメン

ちょっと塩っぱい家系のラーメン「横浜家系ラーメン まくり家 稲沢店」
稲沢市

らーめん まっさん(稲沢市):テールニンニクらーめん

スープは牛肉・骨のコクがしっかり感じられる。 肉はホロホロで次第にスープの中でバラける。 バラけた肉と一緒に麺を食すと幸せだ。
稲沢市

海海ラーメン 稲沢治郎丸店(稲沢市)

魚介スープは口当たり良くゴクゴク飲める。 繊細な塩っけで気分高まり“深夜ラーメン”でソロ盛り上がり。
稲沢市

RAMEN 風見鶏 本店(稲沢市)

「得製塩」の配膳。糸唐辛子のアクセントがおシャレでオイラが盛り上がる。 濃厚で深いコクがあるスープは調味料を足すのがもったいない。繊細で上品な味に丁寧な仕事ぶりがうかがい知れる。 鶏チャーシューは口の中でホロホロと崩れ美味しい。鶏の主張は控えめでラーメンを補佐する役目に徹している。
スポンサーリンク