#台湾ラーメン

スポンサーリンク
小牧市

菜菜香(小牧市):台湾ラーメン+炒飯

麺が“黄色い縮れ麺”では無い「台湾ラーメン」。少々太めで弾力もあるので全体に重みを感じる。 スープは塩気が少々強いものの他店には無いコクがある。 これ結構好きなタイプ。
一宮市

縁香閣(一宮市):青菜炒めランチ+台湾ラーメン

先に「台湾ラーメン」配膳。ラー油が落としてある以外は量産型の台湾ラーメン。 スープはあっさりで喉越しすっきり。おなじみの黄色い縮れ麺は少々ダマになっているのが自然だ。
小牧市

錦華(小牧市):台湾ラーメン+酢豚(●●ランチ)

量産型とは一線を画す「台湾ラーメン」 香油の香りが鼻孔をくすぐるスープ。 少々塩っ気が強いが都度ごはんでリセットすれば問題なし
一宮市

四川楼(一宮市):台湾ラーメン+中華飯

謙虚な香油が大量生産型のラーメンに華を添える。 “大陸系”の象徴である黄色い縮れ麺が頼もしい。
小牧市

龍源(小牧市):台湾ラーメン+炒飯

各“大陸系”のお店で個性が発揮されるのが「炒飯」 このお店は油分控えめでしっとりしている。 好みの分かれるところだがオイラは好きだ。
北名古屋市

台湾料理風味屋(北名古屋市):日替わりランチ(回鍋肉・台湾ラーメン)

量産型の「台湾ラーメン」 黄色い縮れ麺がどこか懐かしげであり安心する。 ひき肉に混ざった鷹の爪もノスタルジーを増長させる。
一宮市

麺家りょうま本堂 (一宮市):赤らぁめん

博多麺の台湾ラーメンは意外といけるかも「麺家りょうま本堂」
岩倉市

台湾家庭料理桃園(岩倉市):台湾ラーメン+天津飯

そんな、バツグンにお値打ちなランチセットが嬉しい「桃園」
岩倉市

海味園(岩倉市)

「ニラレバ炒め」は量が多い。 臭みが抑えられたレバーは絶品だ。
一宮市

中国料理キョンキョン(一宮市)

ガツンとくるスープではない。優しくあっさりとした口当たりだがピリ辛。 まんべんなく振りかけてある謎の粉は唐辛子かもしんない。
スポンサーリンク